今日は長女の

小学校マラソン大会。

 

仕事の公休をこの日に当て、

妻と一緒に見に行きました。

 

前日の夜は土砂降りの雨でしたが、

なんとか天気も持ち無事開催。

 

一年生の長女は、

事前練習で学年一番になったことも

あるほどの運動神経の持ち主です。

 

ただ、短距離は文句なく速いものの

長距離を走るのはあまり得意ではなく、

別のクラスの女の子がマラソンでは

トップになりそうな感じでした。

 

コースは、

小学校の校庭をスタートして

学校近くの川沿いを走り、

最後に校庭のトラックへ。

 

f:id:work-shift:20151203234318j:plain

 

程よく距離があり、

ある程度走り慣れていないと

途中から息があがる可能性大です。

 

f:id:work-shift:20151203234457j:plain

 

我が家は今までジョギングをするという

習慣がなかったため、娘は中盤から

走るペースがみるみる落ちてきました。

 

f:id:work-shift:20151203234122j:plain

 

それでもなんとか2番手をキープ。

 

1番にならなくても、ベストを尽くして

走り抜いてくれればそれでいいと思い、

娘に向かって

「がんばれ〜!」

とひたすら声をかけたのでした。

 

後半トラックに戻ったとき、

娘は広がった距離を縮めていきます。

 

しかし、追いぬくことはできず2番目にゴール。

 

本人は1番になれなくて悔しかったでしょうが、

力いっぱい走り抜いてくれたので嬉しかったです。

 

夕方、家に帰った娘に話を聴いてみると、

「パパやママのこえ、

 はしりながらきこえていたよ〜」

「おうえんにきてくれてありがとう」

とのこと。

 

休みを取って応援に行った甲斐があったなーと

思えた瞬間でした。

 

時間にしてたかだか10数分、

休みを取るにはあまりに短いかもしれません。

 

でも、自分の子どもの成長を

垣間見れる絶好のチャンスな訳です。

 

もっと多くのパパさんが

子どもの頑張る姿を応援してほしい

心から願っています。